--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホ・ジュン

2006年09月21日 21:20

ホ・ジュン『ホ・ジュン』64話完走です。
< 出演者 >
チョン・グァンリョル
ファン・スジョン
ホン・チュンミン
イム・ホ
イ・スンジェ
チョ・ ギョンファン
キム・ビョンセ
チャン・ソヒ

< ストーリー >
16~17世紀の李氏朝鮮時代、平安道竜川郡の郡守である許崙(ホ・リョン)の 庶子だった許浚は、新しい生活を求めて、母親(孫氏)とともに慶尚道山陰山陰(サノム)へ移り住む。
急病で倒れた母親の治療のために医院を訪ねた時、名医・柳義泰(ユ・イテ)に出会い、 医学を師事するようになる。
その後、上京して科挙の雑科(医科)に首席で合格した許浚は、宮廷の医局である内医院 の医官に抜擢され、最高の名医の座である「御医(王の主治医)」にまで登りつめる。
1596年、朝鮮国王宣祖の命により始められた医学書の編纂は、戦火の中での医書の避難や、 編者四散という悪条件の中で続けられ、ついに1610年、全25巻の大書『東医宝鑑』を完成させる。

『宮廷女官チャングムの誓い』の演出家イ・ビュンフンによるドラマ。
チャングムが54話・・・それを上回るドラマです。
最初は64話!?なんて長いドラマなんだと尻込みしてましたが・・・・。
それがいつの間にか・・・毎週2話づつ見るのが楽しみでした。。。
終わってみると・・・見られないのが残念です。
(レビューも途中まで書いてましたが・・・長過ぎてレビューはリタイヤしてしまいました(^^ゞ)
『チャングムの誓い』にハマった人は『ホ・ジュン』お薦めですよ!!
見応え十分、毎回良い所で続く・・・でついつい先が見たくなります。
チャングムが宮廷内の話なら・・・ホ・ジュンは宮廷内と韓国内の話も盛り込まれていて昔の韓国の生活をかいま見る事が出来ます。
韓国で人気があったドラマ、納得です!!

■ ホ・ジュン博物館
地下鉄5号線バルサン駅(鉢山・Balsan)
< 江西区・・・金浦空港近く >
ホ・ジュンの経歴や人物関係など紹介されているそうです。

『ホ・ジュン』公式ページは...
【カテゴリー】映画・ドラマ紹介 た・な・は行に入ってます。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hiro8.blog74.fc2.com/tb.php/36-79ef7c5a
    この記事へのトラックバック


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。