--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チェオクの剣 9話

2007年01月19日 19:00

茶母
とうとうチェオクはユンと長官を助けたい為に王様に会いに行きました。。。やっとのことで王宮に忍び込んだチェオク。そりゃ無いでしょ!!川の上を走ってるよぉ~~。(夏の池の水の上に居る虫を思い出したよ!スイスイ走ってる?)そして王様の護衛に滅茶苦茶にやられるチェオク。だが王様が止めに入りチェオクの話に耳を貸した。王様は悩み翌日ユンと長官を釈放する事を決める。
チェオクは王様の所から瀕死の状態で戻され・・・川辺を歩いてる所マ・チュクチ夫婦に助けられウォネ達が居る家に連れて行く。チェオクは意識不明。。。(普通死ぬでしょ?でもここで主役がいなくなると・・・ね!冷めた目で見てる私)
ユンはチェオクが命がけで免罪になった事そしてチェオクが瀕死の状態である事を聞く。ユンはあらゆる医者に見せるが手の施し様が無いと言われてしまう。それで最後の手段?!意識の無いチェオクを馬に乗せ走り去ってしまう(最初ユンの前にチェオクが座って画面変わったらユンにかじりつく様にチェオクが後ろ。これ有り得なくなぁ~い!だって意識不明だよ!ユンの胴にしがみついてたし)馬の揺れだけで血が噴出して死んじゃうよ! ← 天の声にあらず同居人の声(今回珍しく一緒に見ていて突っ込みの激しい事、激しい事。まっ!ドラマですから・・・)そんで2人が育った寺(?)に行き師匠にチェオクが元に戻るようにしてもらう。ありえねぇ~~~!!
チェオクの意識が戻らないままユンはチェオクに気持ちを伝えてる。

ソンペクの村を見つけたウォネは長官と向かうが・・・一歩遅かったわね!村人達は皆殺し。(いよいよ黒幕登場!!)ソンペクは村の事を知り怒りまくる。(前回はソンペクが補盗庁を皆殺しにしたのに・・・)でもソンペクは気が付くの補盗庁が皆殺しをしたんじゃない事をね。(刀が日本刀の様でしたから。悪党は日本人?)どうもソンペクは黒幕が怪しいと・・・「そうです!この人がやりました」と言いたい!!黒幕が欲しいのはソンペクあなたなのよ!!

※ ドラマだからなの?意識不明の人間が馬に乗ったり座ったり出来るのは?増して台風の様な風の中、意識のある人でも座ってられないと思うけど・・・。なんか物語見てるって感じじゃなくて突っ込み入れてるワタシ。。。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hiro8.blog74.fc2.com/tb.php/166-a7ea7b22
    この記事へのトラックバック


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。