--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年02月10日 19:17

宮< 出演者 > 
シン・チェギョン  : ユン・ウネ
イ・シン       : チェ・ジフン
イ・ユル       : ジョンフン(キム・ジョンフン)
ミン・ヒョリン   : ソン・ジヒョ
< ストーリー > 
ある日突然皇太子妃になった美術高校美術科の女子高生シン・チェギョン (ユン・ウネ)
制服のスカートの下にジャージを着て登校、風景スケッチを楽しむ少女。歳に関係なく誰とでも簡単に親しくなり、誰の敵にもならない性格だが、一度嫌いになれば最後まで嫌いなほう。
皇太子妃になった後、全少女の憧れの対象だった皇太子シンが倦怠病だったという事実にがっかりして、生活面で絶えずアレコレ言うが、自分が宮に入り生活をしながらシンが感じる倦怠と寂しさを理解するようになりシンに徐々に哀れみの感情を感じ始める。一方, 結婚決定以後に出会ったユルに感じた異性の感情で混乱する。 チェギョンは宮の裏に隠れるそれぞれの欲望と権力への暗闘を誰より早く深く観察。宮の中心で宮を変化させる存在となりながら、 宮の全員に変化を及ぼす中心的人物となる。
宮
おもしろかったぁーー!の一言です。
欲を言えば・・・チェギョンがずぅ~~と明るいままでいて欲しかったな~!
「浮かれ女」って言われていたけど・・・私は、その方がチェギョンらしくて好きだわ~。
そしてシン君がいいな~!
友達には悪いけど・・・(ユル君:フニ大好きな人)
だんだんチェギョンにひかれ・・・シン君が変わって行く姿がね~良かった。

画像は去年訪韓した時に撮って来たものです。
この時これが「宮」だと知らないで撮って来ました(笑)
あっ!「宮」ドラマ自体は知ってましたよ!
内容までは知らなかった・・・。
スポンサーサイト


コメント

  1. シフォン | URL | v8QjPvAY

    完走~♪

    hiroさん、こんばんは♪
    私も見終わりました。
    後半は涙のチェギョンが多くて辛かったですね。
    そして、一番切なかったのはやっぱりユル君。
    最初から結果は見えていたけれど、
    お母さんの罪や業まで被って、傷だらけですよね。。
    それでも、後半はシン君派になっちゃいました。(ごめんね~)
    ちょっとした表情の変化や、らぶらぶシーンが良かったわ☆
    宮Sが続編にならなかったのは本当に残念です。

  2. hiro | URL | vQU5PwVA

    こんばんは~

    終っちゃいましたねぇ~!
    涙のチェギョンは似合わないですよね~。
    元気なチェギョンが好きだったな~!
    >一番切なかったのはやっぱりユル君
    はい、母親の分まで罪をかぶって・・・(T_T)
    ここでシン君派かユル君派か決まってしまうんでしょうね。
    ラブラブのシン君は今までのシン君じゃなかったですね~(笑)
    意味ありげな最終回で続きがあってもおかしくないですよね!
    続きが観たいですよ。『宮S』は全く違うドラマですからね~残念。

  3. ぐるくん | URL | -

    仕込みはいつ?

     hiroさん、こんばんわ!
     hiroさんの情報で視聴できた『宮』です。
     改めてありがとうございましたw
     思いっきり楽しめました~

     最終回はなんといってもラストのオエッ!!w
     一体、いつそんな関係を結んだのかが、俗な私の思考を捉えて離しませんw
     シン君召還の時、涙涙でお別れしたチェギョンと共に涙して見ていたのも忘れ・・・アハハ

  4. hiro | URL | vQU5PwVA

    ぐるくんさん

    楽しめて良かったです~!
    私も待ったかいがありました!!

    >最終回はなんといってもラストのオエッ!!
    はははっ!私も・・・思いましたよ(笑)
    その後が気になりますよね~!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hiro8.blog74.fc2.com/tb.php/149-59722a26
この記事へのトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。