--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

王の男

2006年12月16日 19:59

王の男王の男 』見て来ました!!
予告が ↑ 見られます。この映画良かったですよ!
< 出演者 >
カム・ウソン   : チャンセン
チョン・ジンヨン : ヨンサン
カン・ソンヨン  : チャンノクス
イ・ジュンギ   : コンギル
< ストーリー >
16世紀初頭、漢陽にやってきた旅芸人チャンセンと相棒の女形コンギル。都で時の王ヨンサングンが、妓生上がりの官女と日夜遊び呆けている噂を聞きつけた2人は、芸人仲間と宮廷を皮肉った芝居を始める。興行は人気を博すものの、一座は侮辱罪で逮捕されてしまう。重臣に「王を笑わせることができれば、侮辱ではない」と反論したチャンセンたちは、死をかけて王の前で芸を披露する。彼らの芸は王を魅了することができるのか…。

**** ↓ ここからネタばれです ****
イ・ジョンギ
実在の王、燕山君(ヨンサングン)の時代。
チャンセンとコンギルは漢陽へ。
そこで知り合った芸人仲間と王を皮肉った芝居が漢陽で人気を集める。
その芝居を重臣に見られ捕らえられた芸人達。
その芝居を王の前で披露する事になる。
「王が芝居を見て笑わなければ死刑だ」と言い渡される。
チャンセンとコンギル以外の芸人は王の前では・・・上がってしまって芝居どころではない。
まして王を皮肉った芝居なものだから・・・死を覚悟しなければならない。
だがチャンセンとコンギルは違った。
怯える芸人達を後にしチャンセンとコンギルは王を笑わせる事に成功する。
そして王の命令で芸人達は宮廷の中で生活することになる。
ある日、王の前で芝居をするが「王を皮肉った芝居をしたのだから重臣達も皮肉っては・・・」と重臣に言われ芝居をすると・・・。
またある日、重臣が書いた台本を渡され、この芝居をするよう言われる。
(王は幼い頃に母親を毒殺され、今でも心に深い傷を負っている)
この芝居をするにあたって仲間同士で意見は別れたがコンギルの一言で芝居をすることになる。
コンギルは王に可愛がられ王の側に居て王の気持ちがわかったのだろう。
芝居は芝居ではなく実際にあった事を芝居にしていた。
重臣の汚職・賄賂・母親の毒殺。。。
王は芝居がある度に人を殺して行く。芝居仲間達は、こんな宮廷を出ようとするが・・・。
王はコンギルだけを引き止め、コンギルは王に宮廷を出る事を悲願する。
そんな中コンギルを宮廷に残しておけないチャンセンは王の前に。。。
怒った王はコンギルの目の前でチャンセンの目を・・・。
その後、王の遊び相手をしていたコンギルは王の前で手首を・・・。
王は目の見えなくなったチャンセンに綱渡りをさせる。
それを見ていたコンギルはチャンセンと芝居を始める。
そのころ宮廷内は暴動が起こり二人は綱渡りの芝居をしたまま・・・。

* * * * * * * * * * * * * * *
この映画は「チャングムの誓い」をご覧になった方なら「あぁ~」と頷けるでしょう。
ドラマの最初の頃にチャングムの父親が毒殺に関わって・・・捕らえられたこと。
あの時毒殺された母親が燕山君(ヨンサングン)の母だったんです。
チャングムの中でも暴動が起きて王になったことを中宗(チュンジョン)が言ってましたよね。
中宗は第10代王燕山君の異母弟。
燕山君の暴政に耐えかねた臣下に擁立され即位。

チャンセン役のカム・ウソンの綱の上で芝居する姿は驚きでした。
チャンセンにしか見えません。役を演技してると言うよりチャンセン本人って感じです。
イ・ジュンギの華麗なこと。。。
女形ですが腰を振るところ・・・なんて色っぽい。
あの目で見られたら・・・王じゃなくてもイチコロですよ(笑)

『王の男』関連ページは...
【カテゴリー】映画・ドラマ紹介 あ・か・さ行に入ってます。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hiro8.blog74.fc2.com/tb.php/119-17ec6c84
    この記事へのトラックバック


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。